育毛のために考えることと注意すること

育毛の基本は、規則正しい生活を送ることです。

人間には体内時計があり、それにしたがって生活することが健康的だとよく言われます。


日が昇ったら起床し、日が沈んだら眠るという考えですが、これらは、早寝早起きや睡眠を十分とることの大切さでもあります。

加えて、栄養バランスのよい食事をとることが重要です。

体の栄養は髪の栄養です。


育毛のためにも栄養のバランスを整え、3食きちんととることを心がける必要があります。
育毛によい食べ物ももちろんあります。

どこの家庭でも常備しているたまねぎやにんにくがよいです。特にたまねぎは、色々な料理に活用され摂取しやすい食べ物です。

毎日摂取したいものです。にんにくについては、摂取しすぎると胃を痛めてしまうこともあるので、注意が必要です。



他にアロエも育毛によい食べ物です。昔から万能薬としても使われているアロエは、色素細胞を活性化させる働きがあり、白髪にも効果があると言われています。


アロエ葉肉の入ったヨーグルトやジュースでの摂取もおすすめです。
さて、食べ物の摂取以外で、育毛方法の一つとして、育毛マッサージがあります。

マッサージでツボを刺激するのは、育毛のために効果のある方法です。

なかでも百会、風池、天柱の3つのツボは、薄毛や脱毛の予防に効果があると言われています。


もちろんマッサージをすることは、血行促進でよいことですが、力の入れ具合については、じゅうぶん注意する必要があります。



なぜなら、力を入れすぎたりやり過ぎると、頭の皮膚がダメージを受けてしまうからです。

皮膚は、ダメージを受けることを防ごうとして、皮脂と汗を急激に分泌させ保護膜と言われる皮脂膜を形成しようとします。


皮脂を過剰に分泌させることで毛穴を防ぎ皮膚呼吸がしにくくなります。

これらは、今生えている毛をだんだん細く薄くしてしまいます。



せっかくのマッサージが力の入れすぎややり過ぎで、悪影響になってしまうのは残念なことです。

育毛によいからとただやり過ぎるのではなく、効果や影響を考えつつ取り組むことも大切なことです。



楽天のスカルプD
Amazonで探そう
シャンプーなら楽天で