神田地域の貸店舗の分布

###Site Name###

東京の神田地域は、貸店舗が比較的多く分布しているエリアの1つです。

東京地域の場合は主に中央区などに貸し店舗が多く分布している傾向があるのですが、その中央区から西側にある神田地域などもかなり店舗が多いものです。



それらの店舗は、駅の近いところに分布をしているという状況ではありません。
また大きな道路沿いに分布をしているという状況でもありません。

どちらかと言うと、小さめな路地などに入ったエリアなどにまばらに分布をしているという状況です。

例えば神田地域の南北方向に、国道17号線が走っています。

その国道沿いなどに分布をしているというよりも、むしろその国道から伸びている小さめな路地などに入ったところにまばらに貸店舗が分布をしているという状況なのです。

賃貸の住宅などでは、駅の周辺や大きな道路沿いなどにそれらの物件が多く分布しているケースがよくあります。

しかし同じ賃貸でも、貸店舗の場合はそうではないわけです。


駅の周辺に固まっているというよりも、むしろ小さめな路地などに入ったエリアにまばらに分布をしているという状況なのです。

同じ賃貸でも形態が違えば、分布の状況なども色々と異なってくるわけです。ただし神田地域の場合は、神田駅の周囲をぐるりと囲うように店舗が分布しているという特徴もあります。
ちょうど円状に囲うような分布状況となっているのですが。

他の地域の場合は駅から離れた場所に固まって分布をしているということなどもありますが、神田地域の場合は駅の周辺を囲っているのが特徴的と言えます。
貸店舗と一口に言っても、その形態には様々なものがあります。




まず、建物だけが店舗用に提供されるものです。


この場合には、内装や厨房などの備品は入居後に自分でそろえなければならないため、費用負担が必要です。



しかし、一方で、自分好みの店舗を構築することができるという点で、こだわりのある場合には便利な状況です。
さらに、貸店舗の営業内容についても比較的自由に設定することができます。

つぎに、建物に、店舗の内装がある程度整っている場合もあります。これは、以前に店舗を持っていたオーナーが、内装や設備をそのまま残して売却したことによります。




この場合には、すでにある内装を利用することができるので、すばやく開業することができるという利点があります。しかしながら、その分、一般的に割高で、自分の好みどおりの店舗を作りにくいという点が不利な点になります。また貸店舗を利用しての営業形態も限られてしまいます。

貸店舗を選ぶときには、貸店舗が以前にどのような店舗であったのかという点と、もし前のオーナーが撤退したのであれば、なぜ撤退をしたのかという点をあらかじめ調べておくことが大切です。



例えば駅や住宅街から近く、立地がよさそうに見える物件であっても、人の流れが意外と悪かったり、逆に、一見立地は悪いものの、人が集まりやすいという場合もあります。


また、駐車場の有無や、大きさ、道路からの入りやすさなども十分に検討する必要があります。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94941580Z01C15A2000000/
https://i.4meee.com/articles/view/1719698
http://okwave.jp/qa/q8606211.html