払い過ぎていた利息分を過払い金として返金要求が出来ます

消費者金融からの借入や、各金融機関からの借り入れ、各種ローンと、金融機関からお金を借りることによって利息を支払わなければならないこととなります。


この利息は、法定利息で18パーセントまでと決められておりますが、18パーセント以上の利息で契約していたということが多くあります。

今でこそ新金融法によって法定利息の厳守がなされておりますが、新金融法が施行される以前では厳しい取り締まりを行ってはおらず、多くの金融機関で18パーセント以上の利息利率で融資の契約がなされている場合があります。

口コミ評判の高いNAVERまとめの情報が沢山詰まったサイトです。

最高裁判所の判決では、18パーセント以上の利息に付いては不当な利息として、返金を要求する者に対しては返金を行わなければならないという判決が出ております。
これにより現在では多くの18パーセント以上の利息を支払っていた方が、過払い金として返金要求の手続きを行っております。

過払い金の返金が有れば、残った債務の返済金に充てることも出来ますし、債務が無い方でも過払い金の返金を受けて生活費の足しにもできます。



過払い金の返金請求手続きに関しては、時効が10年と決められております。


以前融資を受けていた分の過払い金返金請求を行うためには、期日をきちんと確かめて、余裕をもって手続きを行われることがおすすめです。

クレジットカード決済の優良サイトならこちらで見つかります。

10年の時効は、その債務契約が終了した時点ではなく、債務の返済金と共に利息を支払った第一回目の支払い日から10年の計算を行う必要があります。